スント(SUUNTO) 3 Fitness の初期設定と使い方|ウォッチ本体編|体験レビュー

スント(SUUNTO) 3 Fitness のウォッチ本体の初期設定

「初期設定はどういうものですか?」というお客様のお声に応えて、スタッフが SUUNTO 3 Fitness の初期設定を実際に試してみました。

最初は無事にできるか不安な部分も少しはありましたが、特に迷うこともなく簡単に設定できました!

すでに SUUNTO 3 Ftness をお持ちの方も、購入を検討中の方も、ぜひご覧ください!

なお、初期設定は、「ウォッチ本体設定」と「スマホとのペアリング設定」の2ステップありますが、ここではウォッチ本体の設定をご紹介します。


まずは同梱品を確認

お手元に荷物が届いたら、本体と充電用の専用コネクターと説明書、保証書類がそろっているかを確認します。

スント(SUUNTO) 3 Fitness のウォッチの初期設定で本体や充電ケーブルを確認

無事に中身が確認できたら、実際に本体を起動させていきます。

動画で予習

SUUNTO公式のYouTube動画でおおよその手順を確認していたので、イメージがしやすかったです。

丁寧に説明されていますので、お時間に余裕があればぜひご覧いただきながら設定をお試しください。

(※ YouTubeの設定で日本語字幕での視聴が可能です。)

3 Fitness をPCにつないで起動

まず、付属の専用コネクターでPCのUSBにつないで起動します。

ウォッチの電源が入るとともに、専用アプリ「SUUNTO LINK」がPCに自動でインストールされました。ケーブルをつなぐだけなので特別な知識は一切必要ありません。

スント(SUUNTO) 3 Fitness のウォッチ本体の初期設定で充電ケーブルを使ってPCと接続

3 Fitness の内蔵ソフトウェアが最新でない場合は案内が表示されるので、このタイミングで最新バージョンにアップデートを行います。

この操作も画面の案内に従ってワンクリックで操作が終わりました。

ウォッチ本体の個人設定

PCにつないでソフトウェアが最新になれば、続いてウォッチ本体の設定です。

言語・性別・誕生年・測定法(Metric)・身長・体重を入力しつつ、タイムゾーン(Asia, Japan, Tokyo)を選んで日付と時刻合わせをします。

スント(SUUNTO) 3 Fitness のウォッチ本体の初期設定でプロフィールを定義

3 Fitness は、ここで登録する設定をもとにして、一人ひとりの1日の理想の消費カロリー(基礎代謝+活動量)を算出してくれます。

入力間違いがないよう気をつけしましょう。(※あとで設定変更することも可能です。) 

これでウォッチ本体の初期設定は完璧です!

スマホとのペアリングへ

ウォッチ本体の起動とソフトウェアが最新の状態になったら、続いてはスマホとペアリングします。

>> スマホペアリング編につづく


【お願い】 知っておいてほしいこと

SUUNTO 3 Fitnessをお買い上げいただいたお客様全員に「初期設定サポート&使い方コンシェルジュサービス」をお付けしています。

初期設定や使い方でよく分からないことがあれば、いつでも気軽にサポートまでご連絡ください。

>> 詳しく見る